スポンサード

ちっちゃくてかわいい!話題の小型マイコンM5Stackについてまとめてみた

今メーカーの間で話題のM5stackを皆さんはご存知でしょうか。マイコンを使えばなんでも開発できるのですが、それぞれ必要なパーツは当たり前ですが自分で用意する必要があります。そこで、ディスプレイや端子GPIO端子やスピーカー、バッテリーなどをあらかじめよく使われるパーツをセットにしたキットであるM5Stackがもてはやされています。

M5Stackとは

M5stackとは、中国のメーカーが開発するマイコン

M5stackは、Wi-FiとBluetoothを搭載する省電力なマイコンESP32にmicroSDカード、スピーカー、カラーディスプレイを搭載する開発キットです。

M5Stackの基本スペック

入力:5V-5.5V / 500mA(USB Type-C経由)
インターフェイス:SPI、I2C(GROVE)、UARTx2、I2S(SCLK、WS、MCLK、IN、OUT)、microSDスロット
搭載LCD:320×240 カラーTFT LCD
内蔵スピーカー:1W
内蔵電池:3.7V/150mAh
動作温度:0〜40℃
寸法:54×54×17mm
重量:120g

ちなみにmicroSDカードを搭載と書きましたが、メーカースペックなどでは、TF-CARDというように表記されています。これは昔存在していたTF-CARDはSDカードのSDアライアンスに吸収されたため、互換性があります。特に中国製品のデバイスでは、TF-CARDと記載されていることが多いです。おそらく、権利の関係でSDカードとは記載できなかった。のだと、思います。

M5Stackで作れるサンプル例

 

 

M5Stackと主な拡張パーツの種類

M5Stack Gray(9軸IMU搭載)

M5Stack用プロトモジュールM5Stack用プロトキット(温湿度センサ付き)M5Stack Faces(9軸IMU搭載、各種カバー付き)